2013年3月10日 炊き出しグランプリvol.2 結果報告

3.11防災&追悼&有事炊き出しグランプリVol.2のグランプリ結果は以下の通りです。

総評

当日は風速15m~20mもの突風並びに冷たい小雨下での炊き出しになり、自然環境(天候)への準備並びにスキルの蓄積が順位に影響した。多くの出店団体は突風の影響でテントが使えない、粉塵除け出来ない等、衛生管理も間々ならない状況であった。また突風は調理に必要な熱エネルギーの確保も悩ませた。一方、上位3チームはキッチンカーを用意し、悪天候下でも左右されずに、安定した衛生管理、エネルギー調達おいしさ等を提供し、来場被災者並びに想定被災者を喜ばせた。

最優秀グランプリ賞 ㈱ゼンショー(牛丼+豚汁)(右)

多くの人員を配膳に配置し、順番を待つ想定被災者並びに来場被災者の方々からコミュニケーションを賞賛された。また牛丼プラス1品の心配りが、避難所で偏る栄養摂取状況の避難者の気持ちに立った献立であったと判断された。

優秀グランプリ賞 ㈱リンガーハット(長崎ちゃんぽん)(中央)

⇒炊き出しで提供された『長崎ちゃんぽん』は国産野菜を多分に使い、避難所での偏った食生活を軽減する一助になると判断した。また冷たい小雨に見舞われた想定被災者並びに来場被災者から『期待通りの温かい料理であった』と絶賛された。

優秀グランプリ賞 ㈱北日本吉野家(牛丼)(左)

⇒その場に居ない被災者への提供も想定した容器対応、お子様の心を和ます動物の被り物対応等、避難所の実情を理解し、避難所の状況に応じた炊き出しを提供しようという意志が明確であったことに好感が持てた。

 

14時46分、会場の皆様と黙祷をして亡くなられた方々に追悼の意を表しました。また昨年よりも多くの被災者の方々が来場し、当該チャリティーイベントを楽しみました。

炊き出しグランプリVol.2報告書
炊き出しグランプリvol.2報告書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 16.3 MB

トピックス① 各グランプリ 副賞(ロケットストーブ)

グランプリを獲得された3団体様には、石川県羽咋市の有志の皆様より、ロケットストーブが贈呈されました。羽咋市の有志の皆様、本当にありがとうございました。

 

トピックス② 炊き出しグランプリ缶バッチ

ボランティアの方々に想い出にとお配りした缶バッチは、松山大学東京センターの方々が手作りでご用意いただいたものです。ご協力ありがとうございました。

トピックス③ 各方面からのメッセージや慰労グッズ

招待被災者御家族への各種メッセージや慰労グッズを各方面よりいただきました。今後フェイスブックの方で順次紹介していきたいと思います。味の素様、成功志縁塾岡山本部様、松山大学様、関西大学様、本当にご協力ありがとうございました。

 

2013年3月10日 出場団体一覧

・結まーる(東京都:沖縄県支援)(個店):招待枠(沖縄そば)

・北日本吉野家(宮城県):招待枠(牛丼)

・大阪前田製菓(大阪府):未来枠(みたらし団子・ぜんざい)

・ゼンショー(東京都):招待枠(牛丼ほか)

リンガーハット(東京・福岡):招待枠(ちゃんぽん麺)

・マルトウ畜産(宮城県):実績枠(仙台もつ煮)

・天洋丸(岩手県)(有志の集まり):被災地枠(漁師鍋

・エースコック(大阪府):招待枠(即席めん各種)

・気仙沼復興屋台村特別チーム(宮城県):被災地枠(気仙沼ホルモン)

・松野や(宮城県):被災地枠(海鮮はっと汁)

・塩釜茶屋(宮城県):被災地枠(玉こん・宮城芋煮汁)

・浪江やきそば(福島県):被災地枠(浪江やきそば)

炊き出しグランプリvol.2 メディア紹介実績報告

2013年3月10日(土)に行われた追悼チャリティー炊き出しグランプリvol.2は以下のメディアにて広く意義を伝えることが叶いました。取材いただいた記者やメディアの皆様には深く御礼申し上げあげます。

JFNFMサウンドフリッカー(全国)(ラジオ)

NHK東北ラジオ ウイークエンド東北(東北6県)(ラジオ)

NHK東北 ウイークエンド東北(東北6県)(NHKテレビ)

・東北ウオーカー4月(春)号(雑誌)

・携帯docomoアイコンシェルジュ

毎日新聞(Web)(3月11日朝刊)

・読売新聞Web)(3月11日朝刊)

・河北新聞(Web)(3月11日朝刊)

・ヤフーニュース、gooニュース等(Web 23媒体)

・食の安全 現代ビジネス(Web

・軒先新聞(Web

炊き出しグランプリvol.2当日のイベント

【動物着ぐるみのグリーティング】

普段は小学校の先生をされている千葉さん等は、動物着ぐるみで被災地で数々の復興支援活動をされています。当日は八木山ベニーランド園内に御来場いただいた被災地の子供達だけでなく、関東圏から来場いただいた子供達と楽しい想い出創りを演出してくれます。

【田中美里さんのMC】
イベント当日のMCは田中美里さんが登場します!2012ミス・ユニバースジャパン ファイナリストとして、スポーツ振興や被災地支援などを積極的に行っている素敵な方です。御来場いただける被災者の方々の『こころ』をきっと癒してくれることでしょう。


田中美里さんフェイスブックページはこちらです 

【お笑い芸人 パーランク】

昨年、星のごとく会場にあらわれたお笑い芸人パーランク!今年はしっかりと事前予告でお笑いを会場に巻き起こします。被災地石巻にも何度も足を運び、被災地の方々をなごましてきたお笑いが、当日八木山ベニーランド全体を包み覆います。

 

パーランクのブログはこちらです!(外部リンク)

http://ameblo.jp/parrunk/

【友近890】

被災地も含めた全国を自らの車で縦断し、『こころが温まる音楽』を提供しています。歌と書道のコラボレーション『彩り書道ソング』は必見です。昨年も来場いただき歌ってくださいました。愛と元気を今年も被災者の方々に届けてくれること間違い無しです。(外部リンク) 

炊き出しグランプリvol.2開催概要振返り

名称    :3.11  防災&追悼&有事チャリティーイベント炊き出しグランプリ  Vol.2 

        ~有事のための訓練と被災者との心の絆~

        環境省 平成23年度地方発カーボン・オフセット認証取得支援事業

       フードアクションニッポン・アワード2012販売促進・消費促進部門 入賞 


開催日時  :2013年3月10日(日)10時開場〜17時終了

        :2013年3月11日(月)有志のみで追悼式ボランティア参加と追悼式


開催場所  :八木山ベニーランド

 

主催/事務局 :炊き出しグランプリ実行委員会 /一般社団法人エコ食品健究会(管理栄養士会)

 

後援・協力 

 

後援     :福島中央テレビ、宮城テレビ、テレビ岩手、

        ウォーターフットプリント実践塾、関西大学、松山大学、フードアクションニッポン

協力     :カネタ・ツーワン他被災地食品企業13社、 成功志縁塾(岡山・東京)、

        中小企業診断士有志、カルビー・ロッテ・ハウス食品他食品企業39社、

 

寄付先    :福島県、宮城県、岩手県の仮設飲食店舗

寄付額管理  :第一経理

炊き出しグランプリvol.2の御寄付先の報告

3月10日(土)に行われた追悼チャリティー炊き出しグランプリvol.2でお預かりした御寄付額総額は、以下になります。寄付先は被災地仮設商店街または被災地飲食店のホームページを御覧ください。

 

お客様からお預かりした寄付額合計: 344,769円

被災地J-VER購入費用予算額合計: 400,000円

炊き出しグランプリvol.2被災地出店枠売上報告

3月10日(土)に行われた追悼チャリティー炊き出しグランプリvol.2で被災地から御出店いただいた皆様には、経済支援の目的から全額売上をお持ち帰りいただいています。その総額について以下に開示いたします。突風下の影響で実質2時間の販売でした。

 

被災地から御出店いただいたお店の売上合計額(6店計): 1,290,850円

サポーター

事務局