東日本大震災炊き出し支援実態調査報告書

炊き出しグランプリvol.1&東日本大震災炊き出し支援実態調査報告書
東日本大震災で多くの炊き出し支援団体によって多くの炊き出し支援が実施されました。その一連の支援活動は、被災者にとってどのようなものだったのか。その実態を明らかにした調査報告書です。個人情報も含みますのでファイルにはパスワードを掛けています。ご興味がございましたら事務局に利用目的等を御連絡の上、パスワードの配布を受けてください。
炊き出しグランプリvol.1&東日本大震災炊き出し支援実態調査レポート.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.3 MB

調査報告書抜粋

【炊き出しを受けた方々の満足度】

『どちらとも言えない』を含めると約5割の方々が満足したとは言えない状況です。

【炊き出しに不満を感じた方々の理由】

上記の満足度で『どちらかと言えば不満がある』『不満がある』のn=166の内訳になります。メニューのマンネリ化はともかくとして、気分を損なう会話や態度は支援者としての基本的な心構えを欠いているとも言えます。

【トラブルの内容】

炊き出しでは多くのトラブルがあったことは各メディア等でも明らかではあります。実際に詳細を調査で紐解いていきますと幾つかのパターンに分類できます。、事前準備に起因するもの、支援の心構えに起因するもの、被災者の現状把握不足に起因するものです。

【炊き出しで期待されること】

炊き出しを受けた方々が支援者に期待することを見ていくと、今後の有事の際に支援者がどのような準備をしておくべきかが見えてきます。炊き出しグランプリはまさに、これらの期待に応えれるよう事前に準備・トレーニングしておく場を提供しているのです。

サポーター

事務局